スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探しに行こうよ


22年度になる前に。不渡りになる前に清算しておきたいことがある。



群馬の研修の中で何度か、どうして自分が今ここにいて、何処へ向かおうとしているのかを考え直し、考えさせられる機会があった。それは人に聞かれたから話した、というきっかけではあったけれど。
実際には自分自身で確かめなおし、あるいは暗示をかけてるって意味合いも小さくなかったかもしれない。
なんにせよ、その自分の道を、ここで一度整理しておくことにした。



思い出したのは高校のときまで。何でって、聞かれたのが「高校の時は何してたの?どうしてそこから経済学部を選んだの?」って聞かれたから。それ以前のことは聞かれなかった。だから考えてない。
はっきり言って、高校のときなんて何にも考えてなかった。高校受験のときから、「どこか選べ」って言われたから志望校を決めたし、なにか目標らしいものなんかなんにもなかった。その程度のこと。
そんな自分がなんで大学では経済をやろうとおもったのかというと、高校のときの社会の先生が授業中に「経済をやってりゃくいっぱぐれない」って言ってたから。ものすごく低レベルな動機に加えて、ものすごく低レベルな目標。どこのサラリーマンを経験してたんだか、と皮肉の一つも言いたくなるような。
ただ、さすがに大学はいいところにいきたいって思ってた。受験には失敗したけど。
とにかく経済学は、大した意味があって選んだものじゃあなかった。



そうやって静岡大学人文学部経済学科に入って、経済はほとんど勉強せずに過ごしてた。心理学が面白いからと言っては社会学科の授業によく遊びに言ってた。心理学以外もラテン語とか、そのころも本当に興味だけに走って生きてた。ただ最低、心理学を極めて臨床心理士になったところで仕事はなさそう、という感覚だけは持ってて。あとは、サークルも周りの人たちにあわせて頑張るのがつらくて一年でやめた。マイペースで自由に楽しむのが自分にあってるって実感してからは、別のサークルに入ろうなんて考えたくもなかった。
そうやってわりと引きこもりがちに、どこまでもマイペースに大学生活を送ってたけど、自分の価値観を変えた授業はあった。多分、大学4年間で一番好きな授業だった。内容も教授もあのテンポも自虐ギャグもよかったし、毎回ちゃんと出てお菓子を食べながら聞いてた。知る人ぞ知る、伊藤先生の「政治学」って名前の講義だった。
お菓子を食べながら笑いながら聞いてたけれど、その中でこの世界のいびつな構造を知った。自分の住んでいる見ている世界と、地球の実質の回転の間にあるズレ。それを垣間見て、考え方や視点は確実に変わった。だからって、自分の生活が変わりはしないけどね。相変わらずバイトしてお菓子食べて遊び歩いてた。



そうこうしている内に、なんにも考えずに過ごしていられる時間も残り少なくなった。
私が将来の自分と対話を始めたのは、就職活動がきっかけだった。それは、葛藤だらけの日々。結局、人生で一番つらい時期だったんじゃないのかなって思う。これ以降、もっとつらいことがあるのかは分からないけど。

企業にセミナーだとか説明会だとか面接に行くたびに問われ続けたのは、「私のやりたい仕事ってなに??」ってこと。私は前述のとおり、生まれてこの方やりたいことなんてなかった。増して生業としてなんて。
どうにか要領よくやっていこうとすればするほど突きつけられる疑問で、いつまでも答えは出なかった。
自己分析ややりたい仕事なんて、もっと軽く受け止めてたら良かったのに、と今になって思う。

周囲との相対化(あるいは競争)のなかで自分を見る目は今までと変わったし、自分の持つ資格も含めて、自分と周囲の人とが持つ「自分像」のズレを埋めることも出来なくて、ずっと悩みっぱなしだった。結局答えは出ないまま、周囲との溝を埋めるハウトゥーだけはなんとか見つけて、一つぐらいは内定ももらった。


だけど「本当に自分がやりたいこと」って言葉に踊らされて、いい会社だったけど行かなかった。今になれば、本当に惜しいことをしたと思う。リ○ナビその他にだまされた。と、一言言い訳。


そのころ、自分のやりたいこと(仕事とは言わない)の一つの結論として、NGOに就職だ!って思い始めた。
だけど、NGO就職セミナーやなんかで日本のNGOの現実を知ったね。新卒はほとんど採らない、大部分の人が無給、有給の正社員だって給料が少なすぎて3年持つ人なんていやしない。
そんなトコにさ、まだ若いんだしお金ないんだし行きたくないじゃん。
で、周囲の人たちの影響もあって協力隊を受けることにした。




同じころ、卒業論文にも追われ始めた。

間違いなく政治学の授業や就職活動中に考えたことの影響がここに出てて、それまで3年間はEUだとか国際通貨だとかやんや言ってたのが、突然「飢餓だ!!」なんて言い出すものだから、周りも面食らってた。しかも最初に考えたのはそのタイトルもずばり、『日本人は何人殺している計算になるか』というセンセーショナルなものだった。平たく言えば、日本人が過剰に食べたり、捨てたりしている分の食料が何人分のものになっているのかというのを計算したかった。さすがに、教授の反対にあってしまったんだけれど。それに、しょせん研究は私には合わない。

ただ少なくとも、この感覚が私の「国際協力」という分野に踏み出す原動力になった。それが微妙な問題だけれども、ここに、周りの人たちとのズレが出来てしまう。
私は別に、誰かの笑顔だとか幸せだとか、アフリカが好きだとか子どもの笑顔がキラキラしてるとか、そんなことを考えたことはないしこれからも多分考えない。そういう物言いをしているのを聞くと、はっきり言って虫唾が走る。寧ろ私は、日本人も含めた先進国の側の人間がどれだけ下劣なことをやることで豊かな生活を実現しているかを明らかにし、それを修正したいと思ってる。
どこかで、世界は救われないと言うニヒリズムを私は持っている。


言い換えると、私が目指すのは「国際協力」なんて甘ったるい言葉じゃない。
私の原動力はあくまでも「世界の歪み」。
どこまで行っても自分のエゴで動く。だから「国際協力」とか「貧しい人を救いたい」とか、全く思ってない。この世界のあからさまな不公平と、その仕組みが揺るがないように設計されているシステム。これをぶち壊してやりたい。


そんなことを考えながら、だけれどその時は自分の考えを文章などの形にすることが出来ず、論文もぐずぐずのまま、とりあえず卒業するだけはした。
一時期は論文のことを考えるのも嫌で、教授の所へも顔を出さず、年始になってようやく立ち上がって教授の研究室のドアを叩くと「お前は卒業できないかもしれない」と言われ、泣きながら、もうダメだと言いながら、それでもなんとかはいつくばってでも文字をひねり出して、なんとか卒業することは出来た。時に平成21年2月ごろ。

NGOに就職を夢見ていたときに、NGOインターンの人から紹介された、国際開発プランニングコンテスト(idpc)があったのもこのころ。3日間の日程で最終日が2月18日、私の誕生日だったのでよく覚えてる。

ぼんやりとなんとなく考えていた、開発の道。同年代で同じような目標や考えを持つ人たちに出会い、触れ合ったのは初めてで、あらゆる意味で新鮮だった。多少の年齢の幅があって、大学一年生から社会人までが一同に介して、同じテーマにそれぞれの専門とルーツからアプローチして話し合いを重ねる。その中で自分の視点や考えに今まで以上に大きな幅が出てきたと思う。具体的にイメージできることのインパクトは大きかった。


私が協力隊に応募するきっかけになったり、それを後押ししてくれたのは、おおよそ以上のような出来事たち。だから自分にとって協力隊は出発点。まだまだ勉強の段階。


そしてここまでで、ひとまずの清算はおしまい。
明日からまた、新しいシーズンが始まる。


自分が求めている世界はどんなもので、そのためには何が必要で、自分に出来ることはなに??

探しに行こうよ。


スポンサーサイト

拾いの美学


これからものすごく楽しみにしている番組、「EURO24」。

NHK教育のフランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語の4つの番組が互いにコンセプトを共有して、ヨーロッパという視点から出発して4カ国の魅力にアプローチしながら、毎週4ヶ国語で同じフレーズを勉強していくというスタイル。

こういうのが欲しかったから、この番組、4ヶ国語全てを毎回チェックしたい。研修とアフリカ行きでほとんど見れそうにもないんだけど…第一週だけでも見ておきたいと思う。

今まではフランス語とドイツ語を一緒に見たとしても、一週目にどちらも自己紹介をして、ここまではいいんだけれど、
次の週ではコーヒーが先かトイレが先か、みたいなズレがあって、なかなか勉強しづらかったんだけど、今回はそういうこともなさそう!!


EU統合や共通通貨ユーロの導入もあって、今とこれからはもっとヨーロッパとしての魅力が高まっていくと思う。
(ついでに円高もあるしね。)
だから、今のタイミングでこういう企画があるのは妥当なのかも知れない。個人的には、もう少し早くても良かった気がする。数年前には既に、フランス語とスペイン語とイタリア語を同時に勉強する本とか出てたしね。




ヨーロッパと言えば最近、

『河童が覗いたヨーロッパ』(妹尾 河童 著、新潮文庫)

という本を人に借りて読んでるんだけど、
共通の文化ベースを持ちながらもあらゆるところでそれぞれの地域の特徴が表れているのが具に拾われていて面白い。

その中でも特に興味深かったのが、『窓の大きさ』について細かく比べているページ。
ヨーロッパではアムステルダムの窓が一番大きく、それより北に行っても南に行っても窓が小さくなっている!!
それは文化だとか対外関係とは関係ないところに原因を持っていて、平たく言えば自然環境と向き合う中で決まっていったもの。同じ文化圏の中にいながら、環境によって家が変わり、哲学が変わり、(表面的な)態度が変わる。それがすごく面白いと思う。





逆に、と言っていいのだろうか。
友人に勧められて読んでみた

『日本辺境論』(内田 樹 著、新潮新書)、

が面白くない。


日本人を分析する上での一つのキーワードとして、確かに「辺境」はあると思う。
著者の言うように、その事実に卑屈にならずに、むしろ堂々と辺境人として生きればいいと思う。そのことは、間違ってないと思う。

気に入らなかったのはその第一章、日本人が辺境人であるということを説明している部分が、あまりにも押し付けがましかったこと。あまりにも辺境人を押し付けすぎてて、無理矢理っぽい。あそこまで押し切られると、「本当にそうなのか??」と逆に疑問を持ちたくなる。日本人はどう転んでも辺境人にしかなり得ないんだ、ぐらいの強迫した文面に、気分が悪くなる。

日本や日本人を語る際、辺境以外にも、日本を語る上でのキーワードはあるはず。ヨーロッパ各国の特徴に、その気候風土が色濃く出ていたように。


はっきり言うと。
その一つに、縄文が挙げられると思う。

昔の、社会の教科書には縄文時代を貧しい時代だったとか書いてあったり、マンガ日本の歴史とかはもっと悲惨に表現してあるけれど、
日本の古代、縄文時代は実はもっと豊かな暮らしをしていた!!と言うのが最近の研究の成果。

豊かな自然に囲まれて食べるものにはこと欠かず、集落での生活もかなり文化的だったとか。あの縄文土器がその証拠、なんだって。確かにあれはアートだ。
何しろ、大陸から伝わった稲作を受け入れるまでに一千年以上の時間を費やしてるんだとか。稲作をやって、わざわざ食料を生産する必然がなかったんだね。

そして日本人がそういう豊かな自然と向き合って長い時間を過ごしてきたという事実、そこから育まれた精神とか文化とかがあるはず。私たちにまで受け継がれているものがあるはず。
ヨーロッパにだって西から東まで、南から北まであるように。





そして、日本の精神と印度の精神に共通するものを炙り出している人がいる。「拾いの美学」と表現する人。

私にも印度への憧れがある。死ぬまでに、一度は行って見たいと思ってる。特にダージリンは、仏教の聖地でもあり、お茶の聖地でもあり。その名前を聞くだけで拝みたくなるような、乾杯したくなるような。

だから印度に行ったことがあるという人の話を聞くと、本当に羨ましくなる。私は本物のガンジス川さえテレビでしか見たことがない。

だけど、行ったことがある人たちが話してくれるものに、バラモンはない。印度の哲学まで語ってくれる人はいない。
ヨーロッパの話なら、多少はヨーロッパ人がもつ哲学がどんなふうに彼らの生活の表面に出てきてるかを話すことはあるけれど、印度はない。世界最高峰の哲学を持つ国なのに。カーストの表面的なものしか見てないんだと思う、多分。それは何故か??インドの表面だけを見る人にはついていけない世界だからかも知れない。高すぎて深すぎて。


だけど、大学院で印度の哲学を学んだ人は一味違う。

印度のカースト(身分)で一番上のバラモン(祭祀を司る人)と言えば、高校世界史なんかではそのほかの印度人を苛め抜いた、ものすごく悪い人、のイメージしかないのは私だけ??
そんな私の持つバラモン像を180゜ひっくり返してくれたどころか、人生の哲学をもひっくり返されそうにさえなった人と、その著書

『「拾いの美学」 インドに学ぶ』(木村 昭平 著、日本地域社会研究所)。


本来の(?)バラモンの生き方は、生涯是苦行。苦に生きて苦に死ぬ。

そんなバラモンの最高の生き方は、拾って生きる。一番初めの生きる原点、拾う、あるいは自然に身を任せるという行為を貫くことこそが哲学であり宗教だったのだろう。。。
ちなみに、ものをせびると地獄に行き、耕す(働く)行為は最低の生き方なんだとか。これは間違いなく、私たちには理解もできなければ実践なんてとんでもないという哲学。

しかし自分たちの何千年(!)も前の祖先を眺めれば、拾って生きるを実践していた。しかもそれを、1万年も続けていた!!ある種、私たちのための哲学ともいえるかも知れない。


ちなみに本の中では、どうして今は日本(や中国や韓国)で捨てる文化が浸透しているかということも解説してある。最初から最後まで、ものすごく興味深い内容だった。そして確かに、今は拾う哲学を見直す時期かも知れない。


拾うというと、悪いイメージが付きまとうかもしれない。最近のニュースとかで時々見かける、いわゆる「ごみ屋敷」。拾い続けた末に出来たものだ。
あれなんかのイメージが強烈だし、あれがなくても拾うという行為に対するイメージはあまりよくないかも知れない。
だけど、ごみを集め続けた人たちは(私たちにしてみれば)以外にも、ものすごく環境意識が強い。捨てまくり、垂れ流しの私たちの生活にささやかながら意義を唱える。



案外、根本的な「生きる」というところから考え直すほうが、近道なのかもしれない。

4月から広島でもタクシーが全面禁煙になるニュース。


今日のお昼過ぎ、となりのタクシーをふと見たら、その乗客がタバコを吸っていた。広島ではタクシーの乗客の1割ほどが喫煙するらしいけれど、4月からは広島のタクシーも全面禁煙になる。今日見たような光景は、もう見れないんだと、なんとなくしみじみ。

最近では、あっちも禁煙こっちも禁煙、ところにより分煙だけれど。私はこの状況があまり好きじゃない。

いいたいのは、「嫌煙家ってこころが狭い。。。」

問題の本質的には、「健康上良くない」と言いながら政府がタバコを禁止しないどころか、タバコの税金を当てにして市場を残そうとしてるところにあるんだけど。
「タバコは体に良くありません、でもみんなタバコをすってくださいね」
って、頭おかしいでしょう。



…まぁそこら辺は置いといて、嫌煙家は本当に心が狭い。
自分が嫌だと言ったらだれの意見も聞かずにそれを通そうとする。
そこに政府が「体に悪いです」とお墨付きを与えちゃってるから図に乗る。
体に害があるって理由でそこまで拒否できるものなら、なんだって拒否できるぜぃ。

タクシーどころか車は全て排気ガスが体と環境に悪いから禁止。
コンピュータも携帯も目に害だからナシ。
エアコンの風邪も悪いから無理。
てゆうか、労働が体に悪いから禁止(笑)。
シャンプーも化粧品も有害物質が含まれてるからダメ。
テレビや漫画も有害なものが多いから禁止。この前テレビで、ちばてつやさんとか見たよ♪(ほとんど誰にもわからんだろうな、これ。)
マク○ナルドもあれはごみ売ってるから営業停止。あのMのマーク見るだけで吐き気がする。
吉○家やその他も停止。
中国産タケノコもマンゴーもアメリカ産コーンも日本産コメも全部、体に悪いものがいっぱい含まれてるから禁止。

…そろそろ、屁理屈が過ぎますかな。


だけど私から見ればいわゆる嫌煙家ってのは、最近はやりの「モンスター○○○○(ペアレントとかペイシェントとか)」と呼ばれる人たちの流れをくんでると思う。ダブって見える。

愛煙家たちの方が、お金沢山払ってるんじゃないの???


多分、「決意<約束」。


一ヶ月前の決意は、忘れました。

泡のように消える、人魚姫のように。。。





今日、またやってしまいました。

この調子で、アフリカまで持って行ってしまったら??

周りはみんなそういうけれど、


なんだか周りがそういって、自分が「そこまではしないよぉ。」って言ってるほうが、安心できる。

自分だけの決意は負けると気付いたのかも。


もし、周りが誰もそういわなければ、持っていこうとしたかも。

…ちょっと、怖い。



今回は、こんなふうになりました~~♪

IMG_2429.jpg



もうバイトもないし、だから今回は派手にやりました♪

白と、うっすらとピンク。それから、ゴールドのラインを入れて。
ものすごく目立ってる☆

これはもう、一瞬で目について次の瞬間よく見たら、もうちょっと凝ってた!!


っていう、2回楽しめる出来になってると思います♪


…実は左手の薬指にはおまけがついてるし。


あとの2ヶ月間、これで過ごすことに。もっと延びたら、自分でもうちょっとシャープにしよう。


群馬に行けなくなりそう。






夕方、一年間お世話になった市民活動団体のおばちゃんたちとお茶した。

勝手に飛び込んできて、自由に遊びまわって引っかきまわしてた私を

これでもか!!

ってくらいに可愛がってくれた人たち。



「ブルキナに言っても何か要るものがあったら遠慮なく言ってね。」

といって、見送ってくれた。



この一年って結局、なんだったんだろうなぁ??

光(山口)にて布草履


昨日、今日と山口県の光市に行ってきた。


だってもう3月も終わろうというこの時期だから、生憎の天気で雨も降ってめちゃ寒い!!って状況でなければバイクで行きたかった。。。
研修に入る前に、思いっきりツーリングを楽しみたいと思ってたんだけどな。

なんて泣き言。わりと遠いイメージでいたけど、鈍行電車に乗って家からたった4時間ぐらい、お昼ごろには着いた。


着いてすぐ、とりあえずお腹がすいてたから入ったうどん屋さんを出るとき、私の傘が無くなってた。で、代わりに私の傘と似た色のものが残ってた。
多分、間違えて持っていっちゃったんだなぁ。柄にもなく淡い水色の傘持ってたのがいけないんだ。

だけどある種これも、旅の風情だと勝手に思う。旅先で出会った人と持ち物を交換することで、そこに行った証拠を残す。
そーゆーことにしておこうと思う。



で、今日(25日)に光市青年の家のものづくり講座に参加☆

ここのスタッフの人に「布草履を作ろうと思ってる」って言ったら紹介してくれた。で、本当に行った。

実は一度、市販のキットでやってみたことがあるんだけど、納得がいかないことだらけ。ちゃんと大きさの調節が出来ない、すぐに崩れる、鼻緒が緩い、などなど。これは一度、分かる人に相談したほうがいいと思ってた矢先に紹介してもらった!
だけど中途半端な距離に時間だったために悩みに悩んだ挙句、一週間前になって参加連絡して、ちょっと困らせた(笑)


講座では素敵なマダムたちに囲まれて(笑)
でも本当に疑問とかあったら遠慮なく講師の先生に聞くことが出来るし、周りの人たちとしゃべりながらリラックスして出来るし(いやほとんどしゃべってないけど)、出来具合を確かめながら、マイペースに出来てよかった(結果、この時間で全部はできなかったけど)。
うちに帰ってから続きをやって、またこんど要らない布を使ってやってみよう♪


とりあえず片足だけ。ちょっと大きすぎ。まだまだじゃね。
IMG_2426.jpg




そして帰りに、近くにあった神社に寄った。

だーれもいなかった。

IMG_2424.jpg



冠天満宮ってとこだった。参拝して、でもなんにも願うことなく、
で、お守りは買えなくてもおみくじは自販機があるだろうと探して、

見つけたはいいけれども寧ろ私の財布に、50円玉が一枚しか入ってなかった…おみくじ自販機は100円玉しか受け付けないと言うのに。

そこで血迷った私、どうしてもおみくじが引きたいばかりに自販機のコイン投入口に50円玉を入れてしまって…
もちろんおみくじは出てくるはずもなく、
途中でコインが詰まるような音がして、

「本当にゴメンナサイ」と心の中でつぶやきながら、
一目散に逃げ出して帰ってきました。。。

もうしません、しないように努力します。

甘えることの出来る相手と救済


ちょっと前の日記で宣言してた通り、
idpcのメンバーにメーリングリストを使ってメールしてみた。

内容としては、自分が協力隊としてブルキナに行く旨を説明した上で、図々しくも
「なにか困ったことがあったらよろしく」
と。


正直、じゃあ現地で困ったときにこのメーリングリストで相談したところで、だれか相手にしてくれるだろうか…いや誰からも返事がないかも知れない、
とニヒリズムを以って構えていた。


だけど以外にも、たった一日でかつてのメンバーの内、二人からメールが来た!!

しかもそのうち一人は、
「私も協力隊としてブルキナに行きます!!21年度4次隊で」
というもの。


私は奇跡や感謝を感じるし、こういうときには柄にもなく信心深くなるというもの。
殊天気に関して言えば、天を仰いで小言の一つも言いたい気分にさせられるのだけれど。
(私の知る限り、ブルキナ隊が美人ぞろいという事実も奇跡だと思う。その限りにおいて、私もおそらくは…ん、やめようか。)




自分から殻を脱ぎ捨てて、世界に対して素直になることで世界の側も心を開いてくれる。
自分の立場としては常に葛藤を抑えきれずにいて、
長期にわたって苦しんだ末に決断することに対して
世界はあまりにもあっさりと答えを返してくる。


それを感じて(場合によっては信じて)いながらも迷うことはやめられないが故に、報われたとつぶやき続けてしまう。


勝手に悩んでいたけれど、idpcの面々に関してはこれで甘える隙が出来た。
今後、本当に困ったときに私と問題を共有してくれる仲間としていつもいる。そう信じよう。だって、あの場であのテーマで議論を交し合った仲なんだから。

今夜は祝杯を挙げたい。


| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。