スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そば屋さん的進化論


豚インフルエンザが猛威を振るっているとうわさの昨今ですが。。。

以下、今日も荒い文章でごめんなさい。


空港の検疫体制とか、本当にすごいですね。メキシコに行きたいという人はこれでかなり減ったでしょうか?出張は取りやめになったり、ツアーも中止になったりで。で、その影響でメキシコ行きの便が安くなったら、メキシコに行きたいな♪みんなメキシコ行くの、やめてくれないかな♪

ところで、その対策の迅速さや比重の大きさが気になる。まあ今の世の中当然なんだろうけど。
おれはそこまで、豚インフル対策が必要なのか分からない。インフルエンザ、蔓延させるべきだと思う。ここいらで、たかがインフルエンザにも耐えられないような人にはこの世から退場していただくべきである。



地球上で生命が誕生して以降、長い長い間ずっと生命たちはサバイバルを繰り返してきている。争って強くなり、強くなったものが生き抜き、さらに生き残ったものが弱いものを食らってさらに進化し、今に至っている。
これは、どんな英雄が否定しようとも揺るがない事実だ。
 
強いものが生き残るという、いわば市場原理の中で、より環境に適応し進化してきたものが生き残ってきた。圧倒的に多くのものたちがいなくなり、競争に勝ち残ってきたものだけが生き残っている。もちろんこの競争は今でも行われている。

人間だって、この競争を勝ち残ってきている。人間は進化の結果得たその知恵、頭脳を武器に生き残ってきている。



ただし、ここからがおかしくなって来る部分だ。


人間は、地球上で圧倒的な存在となった人間は、弱いものを否定しない。弱いままでいいという。弱くても生きている価値はあるはずだと、全ての生きるヒトに人生や長生きという価値を求める。とりあえず生きてれば幸せだとか、いいことあるとか、そんなことを言って個々の価値ばかりを求め続ける。

そしてそんな、弱い人間をも生かしていく体制が周囲の環境にプレッシャーをかけている。全ての人間が生き残っていくためには何だって否定できる。どんな植物も動物も水も空気も土壌もウイルスまで。


人間のその、弱い個をも保護して行くやり方が、環境を破壊するし人間自身をも弱くしていると思う。要するに過保護だ。

エアコンが無きゃ生きていけない人、身体中に怪我や病気を抱えている人、他人の何気ない一言で傷つき壊れてしまう人、ちょっとのウイルスですぐにダウンする人、最近テレビでやっていた、「男性が消える?!」なんて予言だって男を過保護にしてるからだ。臓器移植だってやりたい放題になれば、人間はそのうち移植しなきゃ生きれなくなってしまう。
確かに個体としてはヒトは長生きできるようになってきている。それは間違いない事実だ。平均で80年生きることのできる国にあれば、あと3/4の途方もないように感じてしまうくらいの長い人生。
でも、種としてのヒトはどうなのだ??

バリアフリーなどは人間をダメにする。弱いものにも価値を見出して生きながらえさせてはダメなのだ。弱いものには生きる価値は無い。むしろ人間の遺伝子の中にネガティブなものを残す、癌のような存在だと思う。もっと自然の原理に任せて、強いものだけを生き残らせていくべきなんじゃないのか?
不自然な繁栄の仕方をすれば、ミツバチの件のようなことが他にも起こってくるんじゃないのかと、考えられないか。



弱いやつは死ぬべきだ。
スポンサーサイト

大和ミュージアムとてつのくじら館


ずっと紹介したくって、とりあえず外観の写真だけでも撮っといて、でもなかなか紹介できなかった、呉の観光スポットです♪

先日の日記で紹介した、肉じゃが味のポテチの袋の裏に紹介されていたこの施設。呉が昔も今も軍港として栄えていることを色濃く繁栄したものです。


画像 013


まずは「大和ミュージアムの外観」。なぜか、ポセイドン像が表に立ってます(笑)で、写真の奥には戦艦の主砲と面舵が展示してあるのが分かると思います。そういうところです。

館内はまた紹介したいと思いますが、大和のモデルがあって、ディテールまで作りこまれていて、結構インパクトがあり、まず目を引きます。
大和やその他戦艦、空母や戦闘機までのいろんなものが紹介されていますけど、戦艦そのものよりは戦艦が作られていく過程や産業形態として分析・解説している部分などが、戦艦等の生産拠点であった呉に造られた大和ミュージアムの特色ではないかと思われます。


画像 011


一方の「てつのくじら館」。てつのくじらってのは潜水艦のことです。今でも数少ない潜水艦の港がある街という、変わった特徴をアピールするようなところです。ちなみにこちらは海上自衛隊が運営しています。外観は潜水艦…と、すぐ分かる人はあまり多くないのでは?普段水にもぐっている潜水艦、実はこんなに巨大、らしいです(笑)

こちらも館内リポートはまた後日。大和ミュージアムと違って無料で見学できます。
てつのくじら館以外の場所でも呉では、潜水艦の姿を拝むことができます。これもまた後日(テキトー)。今日のところは写真だけで。



これらの二つの施設、道路を挟んで向かいに建っているので、まとめて遊びにいけるようなとこです♪楽しめると思います♪


参考までに、先日も紹介した、広島県限定のポテトチップス。肉じゃが味がおいしいと思います、甘くって☆

IMG_1153().jpg

ハチの巣


IMG_1160.jpg


うちのエアコンボックスに、アシナガバチが巣を作り始めました。
ハチは大の苦手なので、よくハチが巣を作ろうとするうちの庭のことが、あんまり好きじゃありません。ハチとすれ違いざま、めっちゃ大げさに避けて叫んでしまう、まささんです


IMG_1162.jpg


今回は、その巣がうちの窓の近くにあるから、こんなに近づいて興味本位で写真が取れたりします。ハチの巣が大きくなるのを観察してみたいけど、巣を除去するのが先かも

窓越しに見てると可愛いかも、って思ってしまいます。それにしても大きい

健康診断


今日、健康診断を受けてきました。半年振りです。

はっきり言って、健康診断は傷つきます現実を突きつけられて、泣きそうになる気がします。
昔は痛くて大嫌いだった血液検査が、今は一番まともじゃない??と思うぐらい…うそです、本当に一番まともは聴力検査かも


まず、身長でへこみます。なおさらへこむのは、普段みんなが「170はあるでしょ」とか言うから。でも今回も、166.7cmって結果。。。なんて背が低い自分だからヒールのあるブーツをはいて、がいはんぼーしーになるんだぁ

体重はまあ、服とか着たままだったからこんなもんじゃない?全部脱げば俺だって60アンダー!のはず



で、一番傷つくのが心電図。前回も、「まぁこれぐらいはよくあること」とか言われながら、不整脈と判断されてしまったみんなに報告したら、看護士の友達なんかが「ペースメーカー決定だね」とかからかうから、めっちゃびびってる。今回は不整脈出ませんように、前回のは偶然だったんだよおと祈りながらベッドに横たわったんだけど。

また不整脈が出た。医者は「こんなのなんでもない」とか言うけど、やっぱおれの心臓はダメなのかも知れない。ペースメーカーと生きていく日々がもうすぐそこに


で、あとで気づいたんだけど、ついでに医者にがいはんぼーしーを見てもらえばよかった。もー遅いわ。



で、今回の検診でもうひとつ凹まされたこと。前回は7000円ぐらいで受けれたのに、今回は13000円ぐらい取られた。もぉすっかんぴん


思うんだけど、この健康診断のせいで体とかどこかに異常が出てきそうな気がする…あぁ、胃が痛い

ミツバチと臓器移植


昨日は生憎の雨でした。寒かったです。今日は晴れてたけどすっごく寒かったです。明日も晴れるけど寒いみたいです。初夏にはまだまだ早いのでしょうか?今年はワケアリで夏が待ち遠しいです。

というのも、今日は晴れてたので、初めてバイトにバイクで通いました。はしゃいでうちを飛び出たまではいいものの、めっちゃ寒くって、ガタガタ震えながら、ハンドル操作もちょっと危なっかしく、指先の感覚もなくなりそうなぐらい!てゆうかほとんどなかったです。バイクを買ったはいいものの、バイクスーツ(見たいなの)を買う余裕がない、さもしいまささんなのです。


で、昨日も今日も、雨でも晴れてても、バイトが大して忙しくなかったので、もういやです。昨日は2時からの宴会に10時から呼ばれたりして、始まるまでみんなで暇したりしてたりしました。今日は今日で、小さな宴会場でたった6人×2会場の料理を運んで…始まりも遅れれば終わるのも遅れて、で、その間、大してやることがない。休憩をもらってもご飯食べる気にもならない。お腹すくけど疲れてないというか、体力が有り余っちゃって。こうなったらアルコールスプレーで遊んでやりたい!!消毒しまくってやるっ!!





そんな週末で、どうしようもないから考え事。前置きが長くなったね。

ミツバチと臓器移植について。

少し前にニュースで連続でやってたんだけど、コメンテーターとかアナウンサーのコメントが気に入らないというか、個々の問題に対して意見を言うから結局、どうしたいんだ?!って思ってしまう。まぁ大体論調は分かるでしょうから省略。


しかし、アインシュタインまで引用して「人間が生きるためには自然が大事なんだ」とか力説して、だからミツバチや自然を大事にしていかなきゃいけないなんて言った次の瞬間に
「もっと臓器移植ができるようにいろんな分野で環境整備をしなければいけない、みんなが生きていくために」って言ってるのを聞いて、説得力がないと感じるのは俺だけなんだろうか??


なにかがちがうなにかがちがうなにかがちがう。


人間だけが平等に何不自由なく危険に会うこともなく平和に長生きすればいいと思っているから臓器移植なんてこともできるし、「(人間が生きていくためには)ミツバチが足りない!」なんていえてしまうのではないのか?

現代の人間のコロニーは大きくなりすぎてて、自然(地球)を全て飲み込んでまだ足りないだけの莫大なエネルギーを必要としてる。人間はみんな、ますます長生きするようになるけれど、その一方で多くのものが傷ついて、去ってゆこうとしてる。


長生きしたいという願望まで否定するつもりはないけど、そのために他の命を食らっているんだということを、自覚するべきなんじゃあないのか、と思う。人間の贅沢のために多くのものが犠牲になってる。動物、植物、土壌、水、空気、全て。本当にそこまでして、自分たち人間に生きていく価値があるか?(ちなみにアインシュタインにいわせれば、人間よりもミツバチやミミズのほうがよっぽど生きていく価値があるんだろう。)



死にたくないとか、大事な人を亡くしたくないって、思うのは分かるよ。でもそのために運命を曲げて、その責任を他に負わせてる気がしてならない。人間だって死ぬのは運命。
昨今流行の豚インフルエンザだってなんだって、そこまでして人間から遠ざけるべきものなのか疑問。増えすぎた人口を調整するための役割を担って登場したウイルスかも知れない。って言ってしまうと行き過ぎだけど、病気で亡くなるってことをそこまで完全に否定してもいいんだろうか。ウイルスだって何かの理由があって存在してるはず。人間にとって直接害があるから消そうってのは、変。だけどそれと同じか、似たような理由で消されたり、消されそうになってるものはたくさんある。
ミツバチだって人間のコロニーの中にいれば駆除されるべき存在になってくる。ミツバチ以外だって、何だってそうだ。で、犬や猫なんかだけ体よく手なずけて、バカみたいに可愛がったりしてさ。熊が来たら鉄砲で撃つような連中が。


それに、少し前に「精子を過保護にしているために、男性は弱くなっている。未来には女性しか存在しない?!」みたいなことが言われたけど、同じことが臓器移植などについても起こるんではない??臓器移植しなきゃみんな生きられなくなるかも?!おれは臓器移植はもはやクローンや遺伝子組み換えなどと同じレベルだと思う。
人間は死ぬんだって運命をそこまで否定して、みんなが平等に長生きすることに固執してどういう意味があるんだ?命の重さはやっぱり所詮、長さでしかないの?





文章長くなって、でも脈絡なくてまとまってなくて理解しがたい部分ばかりだと思う。
でもとにかく、ミツバチやそのほか自然の保護を考えるなら、増えすぎて長生きしすぎな、人間の過保護をやめるべきではない?そのために地球のバランスが崩れてるんだから。


今度また時間があるときに、もっとちゃんとまとめて書きたいな。

がいはんぼーしー


なんてタイトルはフザケてますけど、まじめに外反母趾です…


最近、夕方のテレビを見ていて、母と外反母趾の話をしました。いっつもジョークでこんな言い方するから、
「やー、俺も外反母趾だからヤバイ
でも今回は「こりゃホンマに病院行きじゃね」とか言われます。



ずーっと気になってたんだよね、特に右足。なぜかいつも人差し指と小指の爪の中で出血してるみたいだし、人差し指はちょっと歩いたらすぐにすんごいでかいマメができるし。くつずれとかなのかな、でも左足はなんともないしって、ずっと思ってた。


でもテレビ見て、親指が人差し指の方に曲がってるし、ていうか人差し指の上か下にあるのが(なんとなく)居心地いいし、親指の付け根も出っ張ってる。ホントのがいはんぼーしーじゃん


患者の90%は女性らしいです。てことは残りの、レアな10%嬉しいような、うれしくないような嬉しくないか

でもホント、普段から親指は人差し指の下だし、先が細くなってるブーツ大好きだし、病院にいったほうがいいかなあ。治療は怖いからャだけど、見てもらうだけなら別に…いいかなぁ

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。