スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出す度に切なくなる。


あの子は今でも同じ仕事をしながら元気に過ごしているだろうか?
なんて考えながら思い出す、ある少女の顔がある。

実際には少女なんて年齢でもあるまい。ましてや、私(若干26歳)からしては。
立場的に見れば寧ろ、彼女の方が経験的にも”上”であるし。

あれは年末、木枯らしが吹く寒空の下。
今の季節には考えられないほど、その頃の夕方7時過ぎは見事に真っ暗だ。
私は夕暮れ時、刻々と表情を変える小さな町並みを眺めた後、整骨院の受付カウンターの中で事務仕事をしていた。そこに現れた彼女だった。


整骨院の扉が開く音で顔をあげた私に彼女は、硬い表情で挨拶をし、名刺を差し出した。
蚊の鳴くような声だった。
院長は施術中ですと彼女に伝えると、では伝えておいてくださいと、私に商品の説明を始めた。
相変わらずのか細い声、こんな寒い中歩いて来て大変だったろうと思う。
きっとまだ新人だ。全体的にぎこちないし、スーツもシンプルな白と黒、顔や髪も着飾っていない白と黒だ。マニキュアとかも塗っていないし、清潔感と言うか、清楚でシャイな印象だった。
カウンター越しに、カウンターの上に広げた資料を使って、伏し目がちに説明を続けていた。


彼女が帰った後に、院のスタッフの女の子が出て来て悪びれもせず言う。
「今の人、帰りました?キモいですよね。」
予想外の台詞が耳を突き抜けて私の脳に刺さった。私は一瞬、言葉を失う。
聞くと、以前も彼女は何度か来院し、商品の説明をしようとしたらしい。
その時の彼女は院の玄関の前で飛び込むのを躊躇う様子で、
暫く中の様子をうかがっていたりしたそうだ。

彼女が入って来たときから彼女に共感を覚えていた私は、
その瞬間から同情をも彼女に感じている。今この時も。
何度も何度も、彼女の打つ向き顔に自分を重ねあわせながら。

あれから半年以上が過ぎ、あの整骨院に彼女は再び現れただろうか。
あの時点で営業職に就いてから何ヶ月ぐらいだったのか、どうして営業と言う仕事に就いたのか。
何も知らないけれど、少なくともあの寂しそうな瞳が、年末の所為だったなら救われるのにな、と思う。
今も昔も、あの人の瞳を思い出すたびに切なくなる。


58820006.jpg

58820009.jpg

58820032.jpg

58830004.jpg

58830019.jpg

58830029.jpg

58830032.jpg

スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

だったらそこでそのスタッフに自ら注意したまえ。

「他人様をキモいだの言うのはどうか」と

Re: タイトルなし

このブログ、文章を読んで、テーマにしている問題をあなたが全く理解できていないことに、気付いていますか?
ブログに出て来るスタッフの女の子をはじめ、人が他人を軽々しく「キモい」を言わなくさえなれば、
世の中上手く行くとでも思っていませんか?
これは、「キモい」と言われている側が今後、自身を変えていけるのだろうか?という話ですよ。
わざわざ解説するのもアホらしいですけれど。
小学生でも分かる内容の文章です。

理解力が無いまま、勘違い正義を振り回しているようなら、
文章を書いている全ての人にとって迷惑なだけですから、
辞めた方がいいですよ、これ以上人の文章を読むのも、コメントをするのも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/758-d05a37d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。