スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロコロ変わる天気。


今年はこのまま雨が多い春になりそう、という天気予報。
そして昨日今日と、特に変わりやすい、変な天気です。
昨日は野球の試合が中止になるくらいの雨が降った、かと思ったらその少し後には空に星が見え、
と思ったら夜中に雷で目が覚める。
しかし朝起きてみれば晴れてるのかな、と思い、
でも日中いっぱいは雲が多くて陰ると一気に冷える。

そもそも今日は風が強かった。もう台風かと思うくらいに風が吹いた。
そしてその風が強い日に私は、路地に野菜の苗を植えた。
これから少しくらいはいい天気、というか雨は降らなさそうだから、タイミング悪くないかな?と思っていたのに、
強風で植えたばかりの苗が飛んでいってしまいそう。。。
それでしょうがない、風よけに、そして夜の保温効果も期待して、
ペットボトルかぶせてみました。
明日は風が止むといいなぁ。

DSCF1854.jpg

DSCF1853.jpg

スポンサーサイト

久々晴れた日に色んな人からお勉強。


収穫できるようになって暫く、
同じく出荷できるようになって暫く(初収穫の次の日から出荷)。
雨続きでなかなか日が当たらず温度が上がらず、なので収量も伸び悩んでいました。

こんな天気の日が続いてました。

DSCF1811_201504082156110f7.jpg

DSCF1840.jpg


が!待ちに待った晴れの日!!本当に青空をみるのは久々でした。
外は北風が吹いて寒かったものの、ハウスの中は明るいし、温度も上がるし。
いい感じです。

DSCF1842_20150408215629270.jpg

今日はハウスにトレーナーの方、近所のベテラン農家、種苗会社の人と沢山の人が訪ねて来てくださり、色々とお話をして、勉強になることがたくさんでした。

今日の話を参考に、今まで以上に丁寧な温度管理をして行こうかなと、思います。
あと、夜の気温がぐっと下がったりで、同じハウスの中でも場所によって細かく育成条件が変わり、結果としても育ち方が木に寄って全く変わって来るこの春作(促成栽培)。
まずは、木にしっかりと根をはってもらって、いい実を沢山つける前提になる木をしっかりと作れるよう、工夫してあげる。
それぞれの木をしっかりとみて、理想の木になる為にどんなふうに育ててあげることが出来るのか、考えながらやろう。

そろそろ、主枝からだけでなく、枝からも収穫できそう。
すらっとしていい形のきゅうりがとれるようになってきました。

DSCF1846.jpg


春の気配がさーっと通り過ぎて、また寒くなっちゃったけれど、初夏の準備。

DSCF1737_2015040821560999f.jpg

DSCF1794.jpg

DSCF1838.jpg

初収穫!!


日曜日には収穫が出来るかも・・・と言われた話を少し前に書きましたが、
実は日曜日を待たずに昨日、初収穫をしました!!
とても嬉しいことです。ハッピーです。
定植から32日で収穫出来ました。

DSCF1633.jpg

DSCF1635.jpg

DSCF1638.jpg


ちなみに今日も収穫して、今日は全部で6.2kgの収穫。明日はもっと増えるといいな。
明日から出荷もできるようになると思うので、そちらも楽しみ。



そしてこちらも・・・

DSCF1735.jpg

可愛い芽が顔を出しました。この子たちも、大切に育ててあげよう。

定植から一ヶ月のきゅうりの様子。


植えてから一ヶ月、あの頃はとても寒かったのに、すっかり春めいてきました。
袴を履いた大学生を街で見かけたり、地元の小学校でも卒業式をやっていたり。
島の中にも春の気配が色濃くなってきました。
桜の開花も宣言されて、来週辺りが一番の見頃になりそう。

DSCF1566.jpg

DSCF1569.jpg

DSCF1584.jpg


そしてきゅうりの方も定植から一ヶ月経って、自分の目線くらいにまで大きくなり、

DSCF1588.jpg

脇芽も出て(この後にいい実が沢山収穫できるように、調整しつつです)、

DSCF1589.jpg

中にはだいぶ大きくなった実もあります。

DSCF1591.jpg

木は大きくなるけれど、実はなかなか大きくならないなぁ。。。と思っていたら、
意外といい感じに大きくなっているのもありました!!
この調子だと日曜日には収穫できるかも、という感じです。

一方で、なかなか大きくならない木もあって、
成長の為に一番重要なのは夜の温度ということで、入り口から冷たい隙間風が意外と入る為、
入り口付近はもともと成長が遅い。
特に促成栽培をやるこの時期は、成長の早さに差が出るみたいです。



が・・・
いくらなんでも遅すぎる、他にも見た感じの状態に異常がある木もあって、
・妙に黄色い。ウイルスに感染している疑いもあるとのこと。このままどこも大きくならない。

DSCF1593.jpg

・色は正常なものの、いつまでたっても大きくならない。花が木の上の方で咲いているのは、よくない兆候だそうです。

DSCF1592.jpg

で、こういう大きくならない木には、とりあえず様子見で、
肥料を溶かし込んだ水をあげてみました。
これでまた明日以降、元気を取り戻して根っこを伸ばして欲しいなぁ、と思います。

大根の種が出来るかもしれない。


上からひもで引っ張ってあげたきゅうりの木、最初は寝ていた状態からそのまま起こしたから、
葉っぱが真横を向いていたけれど(前回の記事参照)、
たった一日葉っぱは上を向き、太陽の光を全面に受ける準備ができています。
昨日・今日は雨だったけれど、明日からはまた明るい日差しを受けて精一杯光合成してくれるかな。
一ヶ月前に苗が届いたときとは全然違う大きさだと、こうして見て改めて実感。
花も沢山咲いて、鮮やかな黄色がハウスの中でとても映えています。

DSCF1394.jpg

DSCF1396.jpg



ところで、花と言えば・・・
少し前に買って来て食べた大根の切り株(?)を、冗談半分でお皿に置き、水をあげていると、
ものすごい勢いで瑞々しい黄緑色の葉っぱが姿を現し、茎もものすごい勢いで天に向かって伸びています。

DSCF1359.jpg

端っこの腐った葉っぱを取り除くと、立派に飾っておけるくらいにきれい!と個人的に思っていますが、
さてこれをこの後、どうしたものか、と思っていると、「これ、この芽から花が咲くよ」と聞きました。
どうも、小さく可愛らしい花が咲くみたいです。

多分、この一番上のつぶつぶが花になるのかな?と思っていますが。

DSCF1360.jpg

ひとまずは、じゃあ観賞用に、と思っていましたが、花が咲くと言うことはその後に種が出来るはず、と思いを馳せました。
そして里芋をくださった農家の方に聞いてみると、
「そう、種が出来るよ。茶色くなって、その中から。」朝顔の種みたいな感じかな??
当たり前の話だけれど、昔は誰もが花から種を作り、その種を次のシーズンに蒔いて作物を作っていたとのこと。
なので、この可愛い株から花が出たら、ひとまずは鑑賞した後、そこから種を作り、
そしてそれを次のシーズンに植えてみよう、と画策しています。
まぁ上手く行くかどうかは・・・分からないけれど、もし出来たら、そのまま毎シーズン作ってみようかな。

汗だらだらになって、きゅうりを吊る準備。


今日は全国的に気温が高くなり、天気予報を見ていると、どこも4月並とか5月並とか、
気温が高くなって霧やもやが出ているとか。
私の住んでいる島もご多分に漏れず、お昼になっても対岸が白く煙って見えるような天気。

DSCF1368.jpg


朝は霧がかかって太陽も当たらず、「本当に今年一番の気温になるのだろうか?」とさえ思ったけれど、
10時になって霧が晴れたら、あれよあれよと言う間に気温が上がり。
日差しもとても強くて、確かに今年で一番、暑い日だったように思います。

そんな暑かった今日、私はハウスの中にずっとビニールひも(テープ)を吊るしていました。
きゅうりの木が大きくなって来たので、上に向かって伸ばす為、ひもで上から引っ張ります。
今は大きくなった身体を横たえている苗たちですが、植物として芽や葉っぱは常に太陽を向いています。
そんなきゅうりが今後、もっと上を目指して光を目指して成長していけるよう、
上から吊ってやるのです。こんなふうに。

DSCF1365.jpg


なので、今までは畝にビニールをかけて、夜の寒さ対策などもしていましたが、
それも今日で終わり!!
撤去して、後はひたすらビニールテープを上の棒にひっかけ、下に伸ばして適当な長さで切る作業。

DSCF1363.jpg

やっと一列終わったところ。ビニールを引っ掛ける棒は上にあるので、
そっちを向くと強い日差しが顔を直撃。そして時々汗が目に入って来てしみる始末。
少しやっては水分補給をし、そしてあまりの暑さに、ハウスのうちばりを閉めて(そうすると影になる為)少し涼しくして作業を終わらせました。

DSCF1370.jpg


あまりの暑さに、ポロシャツ一枚になって作業をしましたが、
まだ3月半ばなんだよなー。
体調管理をしっかりしながら、やっていきましょう。

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。